沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

民泊事業もコーチングで達成 イチローも小さな一歩から

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己です。

 

 

やりたいことはあるけど、

考えるているだけで、

 

行動に移せない人がいます。

 

そんな方は、

 

何か大きな行動を起こさないと、そこまで行けないのではないかと、

 

大きな目標の前にしり込みして、動けないことが多いようです。

 

又、

 

そんな人に多いのが、「今は無理でも、タイミングが来たらやる」

 

と考えている人が多いです。

 

「いつかやろう、いつかやる」と思っているうちに

 

 

月日は流れて、気が付いたら○年という方も多いです。

 

 

「いつか」という前に、「今できること」を探しましょう。

 

 

いつか、民泊をしたいと、

考えているパートをして家計を支えている主婦のMさん。

 

 

「いつごろから、考えていましたか?」

 

と質問すると、

 

「2年位前から考えていました。」とのことでした。

 

 

そこで、試しに

期限を決めていつまでに独立するかを

 

明確にしました。

 

 

「いつまでに」を明確にすることで、

 

 

俄然、本人もやる気になってきました。

 

 

そして今できることを洗い出してみました。

 

 

・家族と相談する。

 

・現在民泊をしている人に詳しく話を聞く。

 

・空いている部屋の荷物を片づける。

 

・料金を調べる。等等

 

いろいろ出てきましたが、その中から彼女が思い出したように、

 

「そうだ、役所に、民泊にかかわっている知り合いがいるから、

まずはその人に会って話を聞いてみる。」

 

「明日、早速行ってみます」

 

 

と、目を輝かせ話していました。

 

 

2年前から考えていたことが、動き出しました。

 

 

どれだけ大きな目標でも、

 

今できることが必ずあります。

 

今できる一歩を始めると、

目標に間違いなく近づいていきます。

 

 

 

f:id:labelmap:20160531222329j:plain