沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

子育て卒業して、やりたいこと探しもラベルマップコーチングで

たった1回のセッションでゴールが見え、
達成までの道のりを創り出す
起業家のためのラベルマップコーチ
岸本拓己です。
                          
子供が部活のバスケットをやっていた時は、
毎日が充実していた。


                  
仕事が終わると、子供を迎えに行き、
休みの日には試合の応援。


                             
とても忙しかったけど、楽しかった。
父母会の活動も楽しかった。
                             

しかし、
その子が、
3年生になり最後の大会が終わったころから
ぽっかり穴が空いたように・・・・・


                        
毎日ただ仕事をして、家に帰り、
なんかつまらない。
何かをしなければ、
でも何をしたら良いのか?
何が楽しいのか?
分からない。


                          
と悩んでいる女性との
コーチングセッション。


                                
これまでの趣味の話、
学生時代の話をたくさん聞いて行くうちに
書道をしていた事の話をするときの
表情がとても良かったので、


その事を本人に伝えると、


「えぇー、そうですか?」


と言いつつもまんざらではなさそう。
                                 
「もし、
これから書道を始めるとしたらどうですか?」
と質問してみた。
        

                
「ん~・・・」


と考えながらも、
「実は、5~6年前に、
書道教室を探したことがあるんです。

 


でも、
その時はイメージした教室がなかったので、
それ以来でした。  

 


そうしている間に
子供の部活の事で忙しくしていたので、
その事も忘れていました」との事。
                           

「では、もう一度書道教室を
探すことから始めてみませんか?」
と提案し、
その場で、スマホで調べて、
近所にいくつかあることが分かったので、
後日、自分で問い合わせをする事になった。


                                 
さて、
彼女にとってそれがこれからの
生きがいになるかどうかは分かりませんが、
それはやってみないと分からないことです。


                       
やってみて、どうも違うなあ?
と思ったらその時は
又、探せば良いだけです。


                               
ああでもない、こうでもない、
とやる前から判断しないで、
まずはやってみたら
次のステップが待っています。

f:id:labelmap:20160602152938j:plain