沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

マイナスをプラスに アルフレッド・アドラー

「職場の教養」シリーズ 5

 

一般社団法人 倫理研究所 473号より

 

4月に新しく入社した人、人事異動などで新たな部署に配属された人たちは、少しずつ仕事にも慣れてきた頃でしょう。

 

一方、ストレスから体調を崩したり、新たな環境になじむことができずに悩んでいる人がいるかもしれません。

これは、「5月病」と呼ばれたりします。

 

このような人は、まじめで几帳面、周囲に気を使う、内向的でおとなしい、新たな環境に慣れようとして力みすぎてしまう、などの傾向があると言われます。

 

しかい、それらの性格は、見方を変えれば長所でもあります。

能力が劣っているわけでもありません。

 

むしろ、その性格や特性が買われて、社員として迎えられたり、人事異動があったはずです。

 

オーストリアの心理学者であるアルフレッド・アドラーは「マイナスをプラスに変えることができるのは人間だけが持っている能力だ」と述べています。

 

人は誰もパーフェクトではありません。

自分の性格や特性をマイナスに見るか、プラスに見るかで、世界は大きく変わってくるでしょう。

 

以上転記です。

f:id:labelmap:20160619195740j:plain

 

見方を変えれば、マイナスがプラスになる。

「分かってはいるけど、」

という声が聞こえてきそうです。

 

しかし、それを知っているだけでも知らないときと比べたら道は開けてきそうです。

f:id:labelmap:20160619195632j:plain

写真は、沖縄県名護市のブセナリゾートホテルからの景色です。

 

 

沖縄名護やんばる発コーチング

 

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己