沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

「ゴールへの地図」を作ると、「やりたい」が「やれる」に変わります。

「自分はやりたい事がたくさんあるんですよ。」

と言うAさんとのコーチングセッション。

                         

「へぇー、スゴイですね。  例えばどんなことですか?」

と質問すると。

                    

次から次へと「やりたいこと」が出てきた。

                      

その中には、お金がかかったり、時間がかかったりで、

すぐに出来そうに無いものから、

簡単で、やろうと思えば今すぐ出来ることも。

                              

でも、

いずれも、頭の中だけでやりたいと思っているだけだった。

                              

そこで、

「仮に、今年はこれだけしかできない。 他のものはやってはいけないと

言われたら何をしますか?」

                            

と質問をすると、じ~、と考えて

「○○○がやりたい」と答えた。

                         

「そうですか、ではそれをやっている場面を

これからイメージしてみましょう」

 

と言って、

具体的にイメージしてもらいました。

 

その間、

イメージが膨らんで、楽しそうに話し、

「うん、これは楽しい。 絶対にやりたくなった」

との感想。

                         

次に、

それを始めるにあたり具体的な「地図」を作成しました。

f:id:labelmap:20160615102730j:plain

                            

まず最初に、

行政機関に確認する作業が必要なことが分かったので、

それを確認する作業から始めることになりました。

                            

本人、

「早速、明日、役所に行ってきます」

と嬉しそうに、楽しそうに話していました。

                             

これまで、長い間、 頭の中にしかなかったものが

具体的に動き出した瞬間です。

                            

ご本人も、

「まさか、今日、

ここまでの話になるとは想像もしていなかったです」

と驚きながらも楽しさを隠せない様子でした。

                            

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己