沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の自分を見える化し、達成までの道を創る沖縄ラベルマップコーチ

目標まで迷いなく進める地図を作成し、コーチングによってサポートすることで成果を生み出し目標達成できる「ゴールへの地図」メソッドを提供。

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

沖縄の黄金言葉(くがにくとぅば)

【やーなれーる ふかなれー】

 

下の子が、高校野球をやっていたころの話。

                                  

その頃は大会前になると練習試合が盛んに行われ、

 毎週末、 練習試合に出かけていました。

 

 父母もその応援に毎週末出かけるのですが、

 他高の生徒は、

 知らない私たちにしっかり挨拶をしてくれるのですが、

 私達の子供たちは、あまり挨拶が上手ではなかったのです。

                                      

                                                               

それに不満を持ったあるお父さんが、

 野球部の監督に、

 「○○先生、

うちの生徒にきちんと挨拶ができるように指導してください」

とお願いに行ったときのこと。

                

                                                           

その先生がそのお父さんに言った一言、

 「○○さんは、お家で子供と挨拶を交わしていますか?」・・・・・・・・・・・・・・・

 

その言葉にそのお父さんは黙り込んでしまいました。

 

                          f:id:labelmap:20160713223618j:plain    

 

沖縄の、「黄金言葉(くがにくとぅば)=ことわざ」に

「やーなれーる ふかなれー」という言葉があります。

 「やー」とは家、

 「なれー」とは習慣、

 「ふか」とは外のことで、

 

つまり、家での習慣が外でも現れますよ、

という意味になります。

 

「家庭生活の中で身に付けていないことは、社会生活の中で出来るものではない」

 

常日頃から家庭の中で良い習慣を身に付けなさい。

と昔の人はこの黄金言葉で、

 家庭教育と家庭での生活がいかに大切か教えてきたんですね。

 

お父さんが、お母さんに「ありがとう」と言っている言葉を聞いて、

お母さんがお父さんに「おはよう」と言っている姿を見て、

 子ども達にも同じような習慣が身につく、とその言葉は伝えているんだと思います。

 

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己