沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の自分を見える化し、達成までの道を創る沖縄ラベルマップコーチ

目標まで迷いなく進める地図を作成し、コーチングによってサポートすることで成果を生み出し目標達成できる「ゴールへの地図」メソッドを提供。

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

一般社団法人 倫理研究所 488号を読んで

「職場の教養」シリーズ 11。

 

一般社団法人 倫理研究所 488号より

 

f:id:labelmap:20160822211649p:plain

『百回聞かれても』

A子さんは聡明な努力家です。難しい。仕事も完ぺきにこなします。

その一方で、人に対して、やや厳しい面を持っています。

 

部下から同じ質問をされると、「前にも言ったよね?」と冷ややかに対応してしまいます。

 

家庭でも同様です。高齢になるにつれて物忘れが多くなってきた母に対し

て、「何度同じことを言えばわかるの!」と、強い口調で責めてしまうのです。

 

ある日、講演会で隣に座った人と名刺を交換する機会がありました。

相手の名刺には、会社のキャッチフレーズが書かれていました。

 

「私たちは、同じことを百回聞かれても笑顔でお答えします。」

その言葉を見た瞬間、「自分に必要な言葉はこれだ!」とひらめいたA子さん。

 

同じ質問をされても、百回までは許そうと心に決めました。

 

まず変化が見えたのは、母親に対する心です。

 

日に何度も聞かれても、百回にはなりません。

 

イライラする心が消え、母親の気持ちにより添えるようになってきました。

 

                職場でも、相手の話に耳を傾けているこの頃です。

 

以上が転記です。

 

その現象をどうとらえるかは、結局自分にかかっているということですね。

 

イライラする現象があっても、イライラしないことも選択できる。

 

結局は自分の心のあり方なんですね。

 

それにしても、たった1回の名刺交換でそれに気付くことができた彼女

も素晴らしいと思います。

 

 

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己