沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

あなたが忘れていても、あなたの「実績」が忘れていないこと。自動車の免許は一発で取れました?

「私は何の資格もないし、実績もない。自分に自信がない」

という、Mさんとのコーチングセッション。

30代で離婚を経験。

 

その当時3名の小さな子供を抱えて、シングルマザーに。

子供を育てるために、パートの仕事を始める。

 

安定した正社員の道を求めるが、なかなか、そんな仕事にも巡り合えない。

 

 

ハローワークの職業訓練でパソコンを習う機会があり、

それにも通うが、その訓練手当だけでは生活ができないので、

その間は訓練を受けながら、夜はファーストフード店で

アルバイトも掛け持ちでやりながら、子供たちを育て上げた。

 

 

そんな苦労をいくつか重ねながら3人の子供たちを育て上げ、

現在は上の二人は成人して、一番下の子が専門学校に通う年になっている。

 

 

そんな彼女、

「ばりばり働いている友達が輝いて見える。」

「私は何のとりえもなく、何をやりたいという目標もない。

泣き虫で、友達にも、『あなたはこんな弱くてどうするの? もっと強くならないと』

といつも叱咤激励されている」と涙ながらに話す彼女。

f:id:labelmap:20160901120247j:plain

 

 

 その彼女にこんな質問をしてみました。

 

「あなたの目の前に、過去のあなたと同じように、

離婚したばかりで3人の子供を抱えた人がいて、

『これからどうなるだろう、やっていけるか、』とても不安に思っている。

その人が今のあなたを見た時に、どう思うと思いますか?」

「きっと、あなたのことを尊敬し、羨ましいなあ? 私もあんな風になれたらいいなぁ

、と思いませんかね?」

 

 

すると彼女は、

「そうですね。そうか、過去の自分から見ると、そうなんですね。」

と気づいてくれました。

 

 

多くの人は、人と比べて、自分のやってきたことを忘れていることが多いです。

 

彼女の経験したことは,簡単にできることでは無くて、

 

すごい「実績」なんですが、

それを淡々とこなしてきたので、

自分では、「凄いこと」をやってきた実感が無いだけなんですね。

 

 

「私は泣き虫で弱くて」と話す彼女ですが、雨風に打たれても、

 

泣きながらでも前に進んでいる、強さを彼女は持っているんですね。

 

 

さて、

そんな彼女ですが、60分のコーチングが終わった後は、

目標が見つかり、明日からやるとこを見つけて、表情がぐ~ンと良くなりました。

 

 

今現在、「自分に自信がない、実績がない」と思っている人がいたら、

一度、ノートにこれまでやってきたことを書いてみると良いと思います。

 

 

どんな小さいことでも良いので、

「できること」「できたこと」を100個以上書くつもりで取り組んでみて下さい。

 

「車の免許が取れた」でも良いです。

 

 

覚えていますか?

車の免許を取りに教習所を通った時の事。

f:id:labelmap:20160901114512j:plain

 

 

 

あの時、普通に車を乗り回している人を、羨ましく思ったり、

中には何度も落ちて

「自分は免許取れるかな?」と不安に思ったことって無いですか?

 

 

皆、今は当たり前になっているけど、

 

過去に乗り越えてきたことを忘れているんです。

 

皆さん実績があるんですよ。

 

そのことを思い出してみましょう。

 

 

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己