沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

職場の雰囲気を明るくしたい 私にできること

連日コーチングをしていると、結果が出ている人には

 

ある共通した特徴があることに気付きます。

 

結果が出ている人は、あれこれ心配する前に行動しています。

 

 

先日のコーチングで、「職場の雰囲気が暗くて、何とかしたい」

と言う女性マネージャーとのコーチング。

 

最初は部下のいたらないところや、やってほしいことを話題にしていましたが、

 

「人を変えることはできないので、まずは今、自分にできることを

考えてみましょう。」ということで、

 

今ご本人が、できそうなことを付箋に書いていきました。

 

 10個くらいのアイディアの中で、

「まずは、自分から積極的に、一人ひとりに挨拶をする」

ことから始めることになりました。

 

朝は、「○○さんおはよう。」

 

夕方は、「○○さんお疲れ様でした。」

この二つのあいさつを意識してやってみることにしました。

f:id:labelmap:20160828211337p:plain

 

 

その彼女との2週間後のコーチングの時に、会うなり

「岸本さん、聞いてください。 今までむすっとして話もしなかった

○○さん(職場の女性部下)とお昼を食べに行ったんですよ。」

 

「話してみると、共通の話題もあってとても楽しかった」

と嬉しそうに話していました。

 

 

実は彼女、1回目のコーチングの時に、

 

「まずは、自分から積極的に、一人ひとりに挨拶をする」

と決めたものの果たしてできるか不安に思っていました。

 

相手の名前を呼んで挨拶をすることを、これまでやったことが無かったので、

自信がなかったんですね。

 

でも、「やると決めたので」取りあえず次のコーチングがある

2週間はやってみよう

と決意してやってみたそうです。

 

 

そしてあいさつをして10目あたりに先ほどの件があったそうです。

 

最初の2~3日はぎこちなさもあり、相手の反応もあまりなかったので、

正直止めたいと思ったこともあったそうですが、

「2週間はやると」決めたので踏ん張ってやったそうです。

 

その結果、

今では、意識することなく、挨拶ができるようになり周りの人も

明るく挨拶を返してくれるようになり、

以前よりも職員同士の会話も増えた気がする

と話していました。

f:id:labelmap:20160828185807p:plain

 

 

コーチングの際に、目標を達成するためのアイディアを

いくつか出していきますが、

 

結果が出ている人は、そのアイディアを次のコーチングまでに

 

確実に実行しています。

 

実行することで次回のコーチングではそれを検証することができて、

 

更にアイディアがブラッシュアップします。

 

そして、そのアイディアを又、即実行する

 

その繰り返しで、結果が早く出るようになります。

 

逆に、結果の出にくい人は

 

アイディアを出す段階までは一緒なんですが、

 

その後、行動する段階で、

 

 

いろいろ理由を述べて結局は後回しにしていまいます。

 

 

この女性マネジャーのように結果を出す人の特徴は

 

集中&行動

 

結果を早く出すためには、

 

ある期間集中して行動することが必要です。

 

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己