沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、達成までの道を創る沖縄ラベルマップコーチ

目標まで迷いなく進める地図を作成し、コーチングによってサポートすることで成果を生み出し目標達成できる「ゴールへの地図」メソッドを提供。

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

ネイルサロンと電気工事とゲイバーと

ラベルマップコーチングでは、目標を達成するためのアイディアを、

 

たくさん出すことにこだわります。とにかくどんどん出します。

 

その際に、思いついたアイディアをふせんに書いていきます。

 

そのときに注意したいのは、出てきたアイディアを評価・判断しない。

 

できるか、できないかと評価・判断しない。

 

くだらないとか、ありえない

 

とか、言わないでとにかく書きまくります。

f:id:labelmap:20160924143043j:plain

 

とにかくたくさんアイディアを出すことが大切です。

 

でも、そもそも、

 

そのアイディアを出すことが難しい、という声が聞こえそうです。

 

 

その際は、他人のアイディアをまねることです。

 

セミナーでは、数名のグループで、一人の人の目標達成ためのアイディアを出します。

 

そうすると他の人のアイディアに触発されて、今まで気づかなかったアイディアが,

 

自分の口から出ることがあります。

 

 

 f:id:labelmap:20160928224036j:plain

 

ある時のセミナーでは、ネイルサロンの集客のアイディアを出す際に、

 

一人の男性から、「ゲイバーに営業する」というアイディアが出て、

 

他の参加者の女性から、「おぉー、そうか。 なるほど」

 

「まったく思いつかなかった」という驚きの声が出たことがあります。

 

 

その男性の方は、電気工事を専門にしている方で、ネイルのことは全く知らない方でした。

 

専門外の人だからこそ、違う視点からアイディアが出せるのですね。

 

 

そのことは、専門外の人の意見も大切だと気づいた出来事でした。

 

なので、アイディアを出す際は、一人でやらないで、

 

誰かと一緒にやると良いです。

 

とにかくたくさんのアイディアを出しましょう。

30個以上は出したいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ゴールへの地図』とコーチングで目標達成をサポートする

ラベルマップコーチングに興味のある方はこちらを参考にしてください。

http://labelmap.hatenablog.com/entry/2016/09/08/143501

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己