沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

実は付箋に書いただけなんですが

やるべきこと、がたくさんあって頭の整理がつかないという

 

Yさんとのコーチング。

f:id:labelmap:20161024113202p:plain

 

 まず、

 

今、頭の中にある「やるべきこと」を1個1個、付箋に書いてもらいました。

 

 

書いている途中から、

 

「そう言えばあれもあった」と思いだしながら書いていきました。

 

(これは良くあることですが、書く作業は手と頭を使う作業なので

 

頭の中だけで考えるよりも脳ミソを使うので、忘れていたことや

 

意外なアイディアが浮かぶときがあります。)

 

 

 さて、

そうして書いたものをノートに張り付けた後に、

 

 

「これを見てどんな感じがしますか?」

 

と質問すると、

 

「う~ん。書くだけでもなんか整理された感じがする」

 

「それから、思ったよりも、たくさんは無いなぁ?。と感じました」

 

と感想を述べました。

 

 

f:id:labelmap:20160919174724j:plain

 

これまでも、多くの方と、

 

同じように付箋に書いてノートに貼る作業をやりましたが、

 

 

体験者の皆さんが、皆同じような感想です。

 

 

頭の中にあるものを、付箋に書くだけで、頭が整理されます。

 

 

更に、思っていたよりも、「やることは少ない」と実感されます。

 

 

 頭の中で、ごちゃごちゃ考えるよりも、まずは書き出してみることが大事です。

 

 

そして、ノートに貼った付箋を、同じ内容のものをまとめたり、

 

 

やりやすい順番に並べたりすると、更に整理されて、もっとスッキリします。

 

 

付箋を使う良い点は、書いたものを並べ替えられるというところです。