沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、達成までの道を創る沖縄ラベルマップコーチ

目標まで迷いなく進める地図を作成し、コーチングによってサポートすることで成果を生み出し目標達成できる「ゴールへの地図」メソッドを提供。

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

こんな私がコーチングを受けてもいいのか悩みました。

【こんな私がコーチングを受けてもいいのか悩みました。】

と会うなり話し始めたEさん。

 

「将来のやりたい事、やれる事をみつけるにはどうしたらいいか?

自信や決断力をつけるにはどうしたらいいか?

自分で考えても前に進めず、どうしたらいいのかわからず、

プロの方の意見をきいてみたいと思ったので、受けてみたいと思いました。

 今日は、将来の目標が明確になり、すすめて行けたら良い」

とのことで今日のコーチングになりました。

f:id:labelmap:20170303205015j:plain

 

そのEさんに話を聞いて質問を続けていくと、

実は、ちょっとだけ考えていたことがあり、

「でもやれるのかな? どうすればできるのかな?

本当にやりたいことなのかな?」

という状態でした。

 

ですが、質問を続け、

「もし、やるとしたらどんなやり方をする?」と質問をすると、

どんどん面白いアイディアが出てきました。

そして話しているうちに、

「実は過去に そのことにチャレンジしたい、

と思ったことがあったんですよ。思いだしました」

との言葉が出ました。

 

 

私はこれまでにもEさんの様に。

「やりたいことが見つからない。得意なことが何もない」

という方を何名もコーチングをしてきましたが、

その方たちが、自分の中にある「やりたいこと。得意なこと」が見つかると

表情が変わり、知らず知らずのうちに口調も変わり、

「そう言えば、過去に○○がありました。」とか

「実は○○することが好きなんです」という言葉が必ず出ます。

 

 

そこまで来ると、こちらの質問に対して

これまでの自信のない話し方では無く、

決まって『饒舌に、自分のアイディアを流れるように話します』。

今日のEさんもそうでした。

 

そしてコーチングを終えたEさん

「今やるべきことが見えてきました。ありがとうございました。」

という感想を書いていただきましたが、

帰り際にはもう一言

「私、実は飽き性なんですよ。

でもこれだったら飽き性の私でもできそうです。

ん、ん。できる。できる。早速やってみます。」

と何度もうなずいていました。

f:id:labelmap:20170303205044j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やりたいことを見つけて、やりたい方法を明確にし、

更に最初の一歩を明確にしたい方、

3月まで満席の体験コーチング

4月の募集はこちらから

http://labelmap.hatenablog.com/entry/2017/02/20/211747

 

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己