沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

仕事か子育てか? 自分は果たしてどうしたいのか?

子育てと責任ある職場での

仕事で悩んでいる沖縄市の

Hさん。

 

中学生1年生から保育園の年少のお子さんまで

4名のお子さんがいる。

 

仕事では責任あるポジションを任されて、

これから残業も増えてきそう。

 

ご主人は職場が遠いので、

 保育園の送り迎えもほとんど

自分がやっている。

 

「収入は減るが、仕事を辞めて、

パートの仕事を探そうか?」

 

「今、子供との時間を作らなければ、

いつか後悔しそうな気がする。」

 

「でも職場からは、

なるだけ協力するからやめないでほしい

とも言われている。」

 

 

 

「子育てを優先したいが、どうすれば?」

 

「でも仕事もやりがいがあり楽しい。」

 

 

これからどのような働き方をすれば良いのか

悩んでいるとのことで、

コーチングが始まりました。

 

今日のコーチングでは、

頭の中にあることをすべて付箋に書いて

並べていきました。

 

仕事を続けるメリット、デメリット

 

仕事をやめるメリット、デメリットについて

 

頭の中にあるものを、

良し悪しと判断せず、

とにかく、

書きだしていきました。

 

Hさん、何度もペンが止まりながらも

真剣に自分に向き合いました。

 

時には、こちらから質問をすることで、

頭の中にあった想いを引き出したりして

付箋に書いていきました。

 

そうして、書きだした付箋を並べて、

 

 

それを眺めてじっくりと眺めてもらいました。

 

その時に、Hさん。

 

「私は、○番目の子どものことを考えて、

どうしようか悩んでいたけど

他の子供は、しっかりしているので大丈夫と思っていました。

でも、子供みんなのことを、

もっと考えなくてはいけない。

そのことに気づきました」

と、ぽつりと話しました。

f:id:labelmap:20170520175712j:plain

 

コーチングを終えてのHさんは、

「自分の心の中が整理できました。

あれこれ頭の中だけで考えていては、

出てこなかったですね。

 

自分がどうあるべきか、分かりました。

 

大切なことを思いださせてくれて、

ありがとうございます。

今日は本当に来てよかったです。

すっきりして進んで行けそうです。」

 

でした。

 

 

Hさんの様に頭の中で考えてばかりいると、

考えが堂々巡りをしてしまう場合があります。

 

 

そんな時は、

一旦、

頭の中にあるのを書きだしてみると、

普段は意識していない

自分の想いに気付くことがあります。

 

 

今日の、Hさんも、

「そうか、私は○○のことばかり考えて

心配していたけど

実は、△△△の事も、

もっと、大切にしないといけない。

どうして、それを忘れていただろう。」

 

と言うことに気づいて、

 

頭の堂々巡りに整理が付きました。

 

 

 

一人では、「なかなかうまくできない」

「家では、自分と向き合う時間を作れない」

という方は

 

一度体験コーチングに来ていただくと、

思いもよらなかった解決策や、

気付きに出会えます。

 

 

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己