沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

60歳で起業したキシタクおじさん(66歳)のチャレンジブログ コーチングで人生を豊かに創造する。

何歳からでもチャレンジできる。自分に自信を持ち、仕事に誇りを持ち、目標を実現するためにがんばる大人、そんなカッコいい大人が世の中に沢山いる世界を創りたい。60歳から起業した「キシタクおじさん」のブログ

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

思春期の娘とお父さん、感謝のノートで元の仲良し親子に

50代のMさん。

あることがきっかけで、娘から毛嫌いされて

「中学生2年生の娘が、まったく口をきかなくなった。」

「こっちから話しかけても無視したり、あからさまに嫌な表情をしたり、

ご飯の時も自分を避けて、一緒にご飯を食べてくれない。」

「娘との仲を改善したい。

と相談されました。

 

f:id:labelmap:20220108194253j:plain

その時のMさんと僕キシタクとの会話。

キシタク

「娘さんとの仲を良くしたいんですね。」

「おすすめの方法がひつつありますが、やってみますか?」

Mさん。

「はい。ぜひ教えてください。」

キシタク

「それは娘さんに感謝をすることです。」

Mさん

「え!、 何言ってるんですか?」

「僕が娘に感謝するんですか?  娘が僕に感謝するのではなくて?」

「娘が僕に感謝するなら分かりますが、僕が娘に何を感謝するんですか?」

と少々、怒り気味(笑)

 

キシタク

「そうですね。例えば、生まれてきたときに、

『五体満足で生まれてきてくれてありがとう。』とか思いませんでした?」

Mさん。

「そりゃぁ。その時は思いましたよ。」

キシタク

「ですよね。そんなことでいいです。思い出したらもっと色々出てくると思いますよ。

ゲームだと思って、一日3個、娘さんに対する感謝の言葉をノートに書いてください。

可能な限り、その3個は毎日違うことを書いてください。それを、3か月毎日

続けてみてください。」

Mさん。

「ゲームだと思ってやるんならできそうです。」

「ノートに書いたものは、娘に見せるんですか?」

キシタク

「誰にも見せないでいいです。

ただ娘さんに対する感謝の言葉をノートに書くだけです。

だまされたと思って、3か月間まずはやってみてください。」

Mさん

「分かりました。感謝の言葉をノートに書いて、

見せなくていいんですね。ほかに方法がわからないのでまずはやってみます。」

半信半疑な表情のMさんでしたが、

その日から書き始めたMさん。

 

一か月後Mさんから、メールが

 

「岸本さん、今朝、娘の方から話しかけられました。

びっくりしました。もう何か月も口をきいてなかったのに

たわいもない話でしたが。嬉しかったです。」

f:id:labelmap:20220108194540p:plain

 

それから、又一月後直接Mさんと会う機会がありました。

 

Mさん。

「あれから娘とは毎日、学校への送迎中に車の中で
部活の話しや友達の話など、以前に増して会話が

あります。」

「感謝のノートの効果にびっくりです。」

と嬉しそうでした。

 

キシタク

「その後も感謝のノートは書いていますか?」

 

Mさん。

はいこれはもう止めれません

今では娘だけではなく、女房のことも書いています。

書いてると、ほんと色々感謝の感情がわいてきます。」

と嬉しそうに話していました。

f:id:labelmap:20220108194711p:plain

僕がかかわった方で、

感謝のノートを書いて人間関係が改善された方々がたくさんいます。

嫁姑問題

夫婦関係

職場の先輩のいじめ

親子関係

等など

 

そんな事例を、このブログで書いていきたいと思います。