沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

60歳で起業したキシタクおじさん(66歳)のチャレンジブログ コーチングで人生を豊かに創造する。

何歳からでもチャレンジできる。自分に自信を持ち、仕事に誇りを持ち、目標を実現するためにがんばる大人、そんなカッコいい大人が世の中に沢山いる世界を創りたい。60歳から起業した「キシタクおじさん」のブログ

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

コーチングと子育て(キシタクの思い出話)

「キシタクさんはコーチングを子育てにどのように

生かしてたんですか?」

って聞かれたときに思い出した息子のこと。

 

現在28歳の息子が中学3年生の時のこと。

(僕がコーチングを習い始めたばかりのころ。)

 

中学校の野球部でレギュラーを取れずに、練習試合でも

使ってもらえたり、使ってもらえなかったり

レギュラーと補欠の中間の様な状態でした。

 

中学校最後の夏の大会を前に、父親として何とかしてやろうと思い

家の裏庭に、バッティングの練習ができるようにネット

を作りました。

その時作ったバッティングネットのイメージ



そして、いつでも練習できるように

「練習したい時はお父さんが相手になってあげるから」

と、

息子が練習してうまくなってレギュラーを取れるように

サポートしたつもりでした。

 

ところが息子は、一向に自宅で自主練をしようとしない。

「練習しないのか?」「レギュラー取りたくないのか?」

と聞いても生返事ばかり。

 

そんな息子を見ながらも、
「無理して練習に誘っても練習に身が入らないだろうし、

本人の人生だ、本人に任せよう。」

と決めて様子を見ていました。

コーチングを習う前の自分だったら、本人のためだと思って

おそらく無理やり練習をさせていたでしょうね)

 

そんなある日に息子に

「このままの状態で3年最後の大会を迎えるのか?

それとも頑張ってレギュラーになって試合に出られるように

なるのか?

どっちがいい?

お前の人生だから、どっちでも好きなように選んでいいよ」

と話すと、

息子は

「練習してレギュラーを取りたい」

と答えて、

翌朝から自宅でトスバッティングの練習を始めるようになりました。

 



練習を始めてからは、練習試合でもヒットが出るようになり

最後の夏の大会では9番目のレギュラーに選ばれました。

そして地区大会の決勝戦では、2本のヒットを打って活躍。

 

県大会では1回戦で負けてしまいましたが

チーム唯一のヒットは息子が打ったヒットでした。

 

高校に進学した息子はチームの不動の3番バッターに成長。

 

高校最後の夏の大会では、優勝した糸満高校に敗れはしたものの

この試合では先制点のタイムリーヒットを含め糸満高校のエースから

3本のヒットを打ちました。

 

中学の時に、無理やり引っ張って練習させていたら、

違う結果になっていただろうと思います。

 

もしかしたら、大学まで野球を続けていなかったかもしれませんね。

 

 

 

コーチングを自分も日常生活に取り入れたい

と思ってる方、

コーチングとはどんなものか? 知りたい方

 

(無料)日常使いコーチング入門セミナー
の申し込みはこちらから

 

令和5年1月28日【土】11:00~12:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

令和5年1月29日【日】13:00~14:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト



 

モヤモヤを解決するコーチングを体験したい方
 
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから



1, 令和5年1月30日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

2, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30 zoom開催
岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

3, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

4, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト