沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

60歳で起業した楽読おじさん(64歳)のチャレンジブログ コーチング&楽読で人生を豊かに創造する。

何歳からでもチャレンジできる。自分に自信を持ち、仕事に誇りを持ち、目標を実現するためにがんばる大人、そんなカッコいい大人が世の中に沢山いる世界を創りたい。60歳から楽読のインストラクターに挑戦し、起業した「楽読おじさん」のブログ

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

旦那や子供に気を使ってる再婚の母が「やる」と決めたこと

「やりたいことを見つけるために
本を読んだり、人の話を聞いたり
自分探しは色々とやってきましたが
 未だに答えが出せずにいます。
家に引きこもってる人には
なりたくない。
やりたい事がハッキリと分かり
目標に向かって行動している
自分になりたい。」

自分探し自分探し
40代のUさんの話を聞いていると、
「やってみたいこと」
は具体的にいくつもあるものの、
核心部分の話になると、
何かしら迷っている感じを受けました。 
「何かがブレーキになってる
ように感じるんですけど、
それは何だと思いますか?」
と質問すると、
Uさん、しばらく考えて、
「実は、今の旦那とは再婚なんです。
私は子供が3人、上は20歳、
高校生と中学生もいます。
再婚してから、旦那にも気を遣い
子供達にも気を遣い、
最近では
旦那とも子供達とも会話が
少なくなってきてます。
今の家族とのコミュニケーション
を良くしていかない限り
何も手につかない気がしています。
それがブレーキだと思います。
私も気がつかなかったけど、
今それに気づきました。」
今の旦那さんと一緒になったころの
ことを思いだすと、
そのころは会話も多くあり、楽しかった。
でも最近では、
旦那さんとの会話も少なくなってきた。
旦那さんは仕事が趣味の様な人で、
職人気質で仕事以外のことでは口数も少なく
Uさんが話しかけても、
上の空で返事することが多いので、
ついついUさんも話しかけるのが、
少なくなってきていました。
 

会話がかみ合わない

              
今回のコーチングで、
今やるべき大切なことは、
以前の様な家族の会話を増やす
コミュニケーションだ
ということに気づいたUさんに、
旦那さんや子供たち一人ひとりと
向き合うための糸口となる、
質問の仕方について提案しました。
毎日、手作りの弁当を持たせているUさん。
「今日の弁当は美味しかった?」
と聞いても、
「ウン、美味しかった」
「明日何食べたい
と聞いても、
「何でもいい」
としか答えないので、会話が続かない、
ということでした。
             
そのUさんに、
こんな質問をしてみたらどうでしょう?
と提案しました。
「わぁ~、今日も弁当みんな食べてくれ
たんだね。ありがとう。今日の弁当の
量はどうだった?」
      
「明日は、肉がいいそれとも魚がいい?」
「今日の仕事の現場はどこだったの?」
「今日の仕事では何が大変だった?」
等々
Uさんは、
「なるほど、こんな聞き方があるんですね。
これなら会話も続きそうです。
早速やって見ます」
 

旦那さんに質問

          
「今日は、自分が思っていたやりたい事、
すすみたい自分、なりたい自分が
全く違っていたことに気づきました。
大事にしたい事、モノがはっきり
見えてきたので
今、自分ができることを
継続してやっていこう!と思います。
 

コーチングの感想

 

質問のやり方も教えてもらったので、
質問を考えるのも楽しみです。
子供達にも、答えやすい質問をやってみます。」
と意欲的でした。

 
会話が続かないときに、
相手が答えやすい質問をしたり、
あるいは相手が聞いてほしそうなこと
相手の興味のあること、相手の得意なこと
を聞くと、良いです。
 


モヤモヤを解決するコーチン
を体験したい方
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから

1, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30

(zoom開催)岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

2, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 

(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

3, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 
(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

キシタク公式ライン、ぼちぼちやってます。
登録すると以下の特典が付いてます。
1,大きな結果を生む付箋術
 2,成功のためのヒント(6つの質問)
3,コーチング1回無料
公式ライン登録はこちらから

 

質問の実験で人生が変わったKさんの実話物語

「もう仕事辞めたい。3か月後には
退職する」と決意を固めたKさん。
                               
25年間、経理畑で頑張ってこられた
Kさんでしたが、
関連会社の全く畑違いの部署に人事
異動になりそこから毎日が苦難の連続。

上司からは仕事の要求に対する
プレッシャーを感じ、
部下に対しては仕事ができない上司
としてみられているんじゃないかと
疑心暗鬼になり、
毎日逃げ出したい状態です。
                         
上司から新しい仕事を指示される度に
「どうしよう?なぜ私にこの仕事を?
どうしよう? できるわけがない?」
と言う言葉が頭の中でぐるぐる回る。

Kさんと最初に会ったときは
「3か月後には退職するつもりです。
辞めた後、自分がどんな仕事ができるか分
からないから、それを明確にする
ためにコーチングを受けたい」
とのことでした。
                   
そんなKさんに、こんな提案をしました
 
「3カ月後に辞めるのが決っているのなら、
ひと月だけ『実験』してみませんか?」
                     
上司から何か難しい案件を指示されたときに
「どうすればできる?」
自分自身に質問してみる実験です。

それを提案したときにKさんは、
「どうすればできるか?」って
今まで考えたことがなかったです。
 
今までは「どうしよう?出来ない?」
とばかり考えていました。
 
そうか、「どうしたらできる?」って
自分に質問してみるんですね? 
                   
分かりました、どうせ辞めるんだし
試しに実験と思ってやってみます。
 
と言うことでKさんの実験がはじまりました。
                   
質問実験をして、2ヶ月。
(その間、1週間ごとにメールで実験の
様子を報告してもらいました。)
「私の内面が変わりました。
パートナーからも
『変わったね。明るくなった』
と言われます。」
と嬉しそうに話していました。
             
これまでは、上司に仕事を指示されると、
「こんなの無理、やったこと無いし、
どうして私にこの仕事を振るの?」
と頭の中で考えていたことを、
 
「どうすればできる?」
と自分への質問を変えたことで、
「できない」から「できるかも?」
って思えるようになり、
                     
そして、「できる」アイディアを
思いつくことが楽しくなってきた。
                    
コーチングを始めた頃は、
「仕事を辞める。」と言っていたKさん
 
2か月後には
「仕事に行くことが楽しい」
「不安が全くなくなりました」


「仕事を辞めたい」と言っていたのが
ウソのようです。
 
自分への質問を変えることで、Kさんは
大きく変わりました。
 
無意識にやってる自分への質問を意識的に
コントロールすることで
思考が変わり、行動が変り、Kさんの
人生が変わりました。
 
Kさんと似たような悩みを抱えていたとしたら
「どうしたらできる?」
という「質問実験」してみましょう。
 
 
 
 
 
 
モヤモヤを解決するコーチン
を体験したい方
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから



1, 令和5年1月30日【月】20:30~21:30 

(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

2, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30
(zoom開催)
岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

3, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 
(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

4, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 

(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

 

キシタク公式ライン、ぼちぼちやってます。
登録すると以下の特典が付いてます。
1,大きな結果を生む付箋術
 2,成功のためのヒント(6つの質問)
3,コーチング1回無料
公式ライン登録はこちらから

 

 

 
 
 

辞めたかった職場で理想の未来を見つけたケアマネージャーさん

「後輩の教育に悩み、同僚への
劣等感を感じ、毎日イライラしている。
仕事を辞めたいと一年以上悩んでいる。
 仕事を続けるにしても、転職するにしても
今より笑って仕事ができる未来を描きたい」
とのことで
コーチングを受けにきたケアマネージャーの
Tさん。

                 
そんなTさんにいくつか質問をしました。
「Tさんが仕事で大切にしてきたことは
何ですか?」
 
「これから何を大切にしていきたいですか?」
等などの
質問の答えを考えていく中で、
 
Tさん自身が自分の向かうべき
 
方向を明確にしていきました。
              
自分が取り組むことも見えてきました。
辞めたい気持ちが吹っ切れて
自信を持って仕事に打ち込める
気付きとなりました。
                
Tさんのコーチングを受けての感想が、
コーチングを受けて1番大切に
していることが「コミュニケーション」
であることに気づきました。
この「コミュニケーション」
がうまくできずに
イライラしたり、仕事においても
課題となっていました。
 
今後は職場内でのコミュニケーション
を細めに行い
周りのスタッフの声を聞き、
若いスタッフの育成につなげていくことで
理想の職場が作れると自信につながりました。」
でした。

現在の仕事にやりづらさを感じている方、
悶々と悩んで出口が見つからない方、
 
Tさんの質問と同じ様な質問を自分に問い
かけてみてください。
 
それでも答えが見つからない場合は
コーチングを受けるという
選択肢があります。
 
コーチンを受けると
自分では見つけることのできなかった
解決策が見つかります。
                           
1年間悩んだことが1時間で解決したTさんのように




モヤモヤを解決するコーチン体験したい方
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから



1, 令和5年1月30日【月】20:30~21:30 

(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

2, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30
(zoom開催)
岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

3, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 
(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

4, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 

(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

 

キシタク公式ライン、ぼちぼちやってます。
登録すると以下の特典が付いてます。
1,大きな結果を生む付箋術
 2,成功のためのヒント(6つの質問)
3,コーチング1回無料
公式ライン登録はこちらから

 

 

イライラお母さんがコーチングを学んだ

「子供と2人だけいると疲れちゃう。

どうすれば子供とのコミュニケーションが

良くなりますか?」

 

専業主婦のSさんは、結婚して10年目にして、

やっと待望のお子さんに恵まれました。

40歳を過ぎての出産で心配もありましたが

無事に出産して,

夫婦共々喜びの中の子育てです。

 

ところが子供が成長して、

幼稚園生に通う様になったころから

子供と2人だけの時は疲れてしまう。

 

子供がだだをこねると、

イライラしてついつい声を

荒げてしまうことがあり、

そんな自分も嫌いだし、

自分に自信を無くしてしまってる。

 

 

そのSさんがコーチングのスキル

(傾聴)・(質問)・(承認)

を学び家庭で実践してみました。

 

実践してのSさん

「子供や旦那の話を私は聞いて

いるようで、実は、ちゃんと聞い

ていないで,聞いてたふりを

していたことに気づきました。

 

話をちゃんと聴くとは、

相手を理解することなんですね。

 

傾聴ってまだまだ難しいけど、

得られるものはすごく大きいと

分かりました。もっと、

子供や旦那の話を聞くようにします。

 

それができると、

人生がもっと楽しくなりそう。

もっと楽しめそうです。

いつかは旦那にもコーチングを学んでほしい。」

 

Sさんは、家事をしているときに

子供が話しかけてくると

家事の手を止めて、

子供の顔を見ながらじっくり

と話を聴くようにしているそうです。

 

どうしても手を止められないときは、

「ごねんね10分、待ってね。

これが終わったらちゃんと

話を聴くからそれまで待っててね」

と断ってから家事をするそうです。

 

それ以来、

子供がだだをこねることが少なくなって

子供と2人だけの時も以前のような

ストレスは無くなり。

「今日はどんな話をしてくれるかな」

と、むしろ楽しくなってると

話してくれました。

 

Sさんが感じたように、

話を聞いてるようで聞いていない人は

多いんじゃないかな?

 

忙しいお母さんは特に、

何かをしながら子供の話を聞く

ことが多いと感じています。

 

その時に子供は、

「ちゃんと聞いてもらえていない」

と感じるようです。

 

Sさんのように、いったん手を止めて

3分だけでもいいので

子供の話を聞くようにできると

良いなぁと感じます。

 

話を聞いてるときは、

「次に私は何を言おうか?」

とか考えずに。 

「この子が言いたいことは何だろう?」

「この子は今どんな気持ちだろう?」

と、相手を理解しよう、

という気持ちで聞いてあげてください。

 

 
 
 
モヤモヤを解決するコーチン
を体験したい方
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから



1, 令和5年1月30日【月】20:30~21:30 

(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

2, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30
(zoom開催)
岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

3, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 
(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

4, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 

(zoom開催)

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

 

 

(無料)日常使いコーチング入門セミナー
の申し込みはこちらから

 

令和5年2月11日【土】10:00~11:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

令和5年2月11日【土】13:00~14:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

令和5年2月12日【日】13:00~14:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

  • #日常使いコーチン
  • #効果的な質問
  • #ピンチはチャンス

 

「ピンチだな」と感じた時こそ効果的な質問を

ある会社の専務さんとのコーチング。

その会社にいる3年目の男性社員さんのことで悩んでいる。

この男性社員さんは、仕事のミスが多くて、

何度も注意をするが良くならない。

 

困った社員


           

他の社員さんからも彼に対するクレームがあって

いくら注意をしても改善されないので

「どうしたものか?」困っている。

 

年齢も他の社員さんたちより年上なので、

課長さんも遠慮がちで接している状態が見える。

 

勤務状態は、遅刻や欠勤することもなくまじめ。

でもおとなしくて他の職員から浮いてるようにも感じる。

 

専務さんは、社員同士が仲良く協力し合える会社にしたいが、

どのようにしたら良いのか? わからずに困っている。


その専務さんに

「社員同士が仲良く協力し合える会社が理想なんですね。

今、起こってることはその理想の会社になるために
起こっていることだとしたら

そこからどんなメッセージを受け取れますか?」

と質問をすると、

 

その専務さんは、腕を組んでじっと考えてました。

 

そして出した答えが

「もっと社員達とコミュニケーションを取りなさい」

と言うメッセージだと感じました。」

 

「なるほど、社員さんたちともっとコミュニケーション

を取りなさいというメッセージなんですね。

その為に専務さんが、これからやるべきことは何だと思いますか?」

 

専務さん
「毎日数分で良いので一人一人と話をする時間を作ります。

これまで、忙しさを理由に社員一人一人と話をする機会を

作ってこなかった。

それぞれが何を考えて仕事をしているのか?

イヤ、仕事だけではなくプライベートのことも

ざっくばらんに話せるような信頼関係を先ずは

私が作っていきたいと思います。」

 

「なるほど。良いですね。

それを続けていくとどうなりそうですか?」

 

専務さん

「それを続けていくと、理想の会社。

みんなが協力し合い楽しい会社になります。

何かワクワクしてきました。」

 

「良いですね。つまりは理想の会社になるために、

その問題のある社員が出てきたということが言えますね」

 

専務さん

「そうか?なるほど。納得です。

ピンチと思ってましたが、実はチャンスでしたね。」

とすっきりした表情の専務さんでした。

 

一見すると「問題」に見えることが実は成長するチャンスだったりします。

 

ピンチの時にこそ、

「この問題の本当のメッセージは何だろう?」

と自分に質問するように意識してみましょう。

 

モヤモヤを解決するコーチングを体験したい方
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから



1, 令和5年1月30日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

2, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30 zoom開催
岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

3, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

4, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

 

(無料)日常使いコーチング入門セミナー
の申し込みはこちらから

 

令和5年2月11日【土】10:00~11:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

 

令和5年2月11日【土】13:00~14:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

 

令和5年2月12日【日】13:00~14:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

 

  • #日常使いコーチン
  • #効果的な質問
  • #ピンチはチャンス

 

 

 

デイサービスで使えるコーチング お年寄りも子供も行動する「ヤバい質問」

デイサービスで働いてるのりこさん。

コーチングを学ぶ前は

 

リハビリに来ているお年寄りに、

自宅でも、リハビリの為の運動をした方が効果が高いので、

リハビリ時に自分でできる運動を教えて、

「これを家でも ○○回やるようにしてくださいね』

と声かけをするんですけど、

皆さんやってこないんですよね。」

と話をしていました。

 

コーチングを学んでからののりこさんは、

『○○回やるようにしてくださいね』

と言わないで

『何回くらいできそうですか?』

と質問するようになった。

 

すると、

「それぞれ、5回とか10回とか答えて、
今まで、やらなかったお年寄りが

自分が行った回数をやるようになったんですよ。

質問ってすごいですね

と嬉しそうに話しています。

 

 

f:id:labelmap:20161205145016j:plain

 

人は、

人に言われるよりも自分で決めた方が

やろうと思うんですね。

 

例えば、

いくら言っても勉強しない子供に、

「勉強しなさい!」と言うよりも、

 

「何分だったら勉強できそう?」とか、

「勉強するとしたら部屋が良い?リビングがいい?」とか、

「勉強するとしたらテレビを見る前が良い?

テレビを見た後がいい?」とか

 

子供や旦那さんに家事等を手伝ってほしいときに、

 

「どんなことだったら手伝える?」とか、

「いつだったら手伝える?」

「何分だったら手伝える?」

と聞いてみる。

 

どんな返事が返ってくるか,楽しみではありませんか?

            

この質問の良いところは

「手伝える」ことが前提となってるので、

聞かれた相手は、無意識のうちに

「手伝うことが前提で考える」様になることです。

 

質問って面白いですね。

 

 

コーチングを自分も日常生活に取り入れたい

と思ってる方、

コーチングとはどんなものか? 知りたい方

 

(無料)日常使いコーチング入門セミナー
の申し込みはこちらから

 

令和5年2月11日【土】10:00~11:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

 

モヤモヤを解決するコーチングを体験したい方
 
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから



1, 令和5年1月30日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

2, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30 zoom開催
岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

3, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

4, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

 

 

コーチングと子育て(キシタクの思い出話)

「キシタクさんはコーチングを子育てにどのように

生かしてたんですか?」

って聞かれたときに思い出した息子のこと。

 

現在28歳の息子が中学3年生の時のこと。

(僕がコーチングを習い始めたばかりのころ。)

 

中学校の野球部でレギュラーを取れずに、練習試合でも

使ってもらえたり、使ってもらえなかったり

レギュラーと補欠の中間の様な状態でした。

 

中学校最後の夏の大会を前に、父親として何とかしてやろうと思い

家の裏庭に、バッティングの練習ができるようにネット

を作りました。

その時作ったバッティングネットのイメージ



そして、いつでも練習できるように

「練習したい時はお父さんが相手になってあげるから」

と、

息子が練習してうまくなってレギュラーを取れるように

サポートしたつもりでした。

 

ところが息子は、一向に自宅で自主練をしようとしない。

「練習しないのか?」「レギュラー取りたくないのか?」

と聞いても生返事ばかり。

 

そんな息子を見ながらも、
「無理して練習に誘っても練習に身が入らないだろうし、

本人の人生だ、本人に任せよう。」

と決めて様子を見ていました。

コーチングを習う前の自分だったら、本人のためだと思って

おそらく無理やり練習をさせていたでしょうね)

 

そんなある日に息子に

「このままの状態で3年最後の大会を迎えるのか?

それとも頑張ってレギュラーになって試合に出られるように

なるのか?

どっちがいい?

お前の人生だから、どっちでも好きなように選んでいいよ」

と話すと、

息子は

「練習してレギュラーを取りたい」

と答えて、

翌朝から自宅でトスバッティングの練習を始めるようになりました。

 



練習を始めてからは、練習試合でもヒットが出るようになり

最後の夏の大会では9番目のレギュラーに選ばれました。

そして地区大会の決勝戦では、2本のヒットを打って活躍。

 

県大会では1回戦で負けてしまいましたが

チーム唯一のヒットは息子が打ったヒットでした。

 

高校に進学した息子はチームの不動の3番バッターに成長。

 

高校最後の夏の大会では、優勝した糸満高校に敗れはしたものの

この試合では先制点のタイムリーヒットを含め糸満高校のエースから

3本のヒットを打ちました。

 

中学の時に、無理やり引っ張って練習させていたら、

違う結果になっていただろうと思います。

 

もしかしたら、大学まで野球を続けていなかったかもしれませんね。

 

 

 

コーチングを自分も日常生活に取り入れたい

と思ってる方、

コーチングとはどんなものか? 知りたい方

 

(無料)日常使いコーチング入門セミナー
の申し込みはこちらから

 

令和5年1月28日【土】11:00~12:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト

令和5年1月29日【日】13:00~14:00 開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)日常使いコーチング入門セミナー - リザスト



 

モヤモヤを解決するコーチングを体験したい方
 
(無料)コーチング体験の申し込みは
こちらから



1, 令和5年1月30日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

2, 令和5年2月13日【月】20:30~21:30 zoom開催
岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

3, 令和5年2月20日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト

 

4, 令和5年2月27日【月】20:30~21:30 zoom開催

岸本 拓己 (きしもと たくみ)コーチング体験会 - リザスト