沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の自分を見える化し、達成までの道を創る沖縄ラベルマップコーチ

目標まで迷いなく進める地図を作成し、コーチングによってサポートすることで成果を生み出し目標達成できる「ゴールへの地図」メソッドを提供。

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

北海道帯広市を走る「十勝バス」は、黄色いバス

「職場の教養」シリーズ 10

 

 一般社団法人 倫理研究所 488号より

 

『黄色いバス』

北海道帯広市を走る「十勝バス」は、黄色いバスで親しまれています。

しかし、10数年前までは、利用客の減少から、倒産の危機に瀕していました。

その危機を救ったのが、四代目の社長に就任した野村文吾氏です。

当時父である社長から倒産の意向を告げられた野村氏は会社再建の決意をします。

入社後、野村氏は自分の意見を社員に伝えますが、なかなか受け入れてもらえませんでした。

氏は、現状を一向に変えようとしない社員を心の中で攻めました。

ある日、JCで共に活動する先輩の一言で、状況が変わります。それは、「一緒に働いてくれている人たちのこと、もうちょっと愛せよ。お前は十勝バスで働いている人たちのことを『敵だと思っているだろ』」という言葉でした。

翌朝、「従業員の皆さんを愛します」と社員の前で宣言した野村氏。

その言葉を契機とし、現状打破のアイディアが生まれ、奇跡の復活劇を遂げました。

相手の心を変えようとすることは難しいものです。

 

自分から心を開いた時、それに呼応するように、

相手も心を開くのでしょう。

 

           

         以上が転記です。

f:id:labelmap:20160829115047j:plain

 

 良いアドバイスをもらったり、良い話を聞いたりしても、

なかなかすぐには実行できないものです。

自分の誤りを素直に認め、即実行に移すことが人を成長させるんですね。

 

 

 沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己