沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、達成までの道を創る沖縄ラベルマップコーチ

目標まで迷いなく進める地図を作成し、コーチングによってサポートすることで成果を生み出し目標達成できる「ゴールへの地図」メソッドを提供。

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

雨の贈り物が視点を変えた

f:id:labelmap:20160801165714j:plain

「職場の教養」シリーズ 9

 

一般社団法人 倫理研究所 474号より

 

『雨の贈り物』

 

 

レストランを経営するY氏は、毎年夏が近づくと、憂鬱な気分になります。

1年の中でも特にじめじめとして、湿度が高くなるこの時期は、

食材の保存や管理に神経質になります。

何より気が重いのはトイレの清掃です。毎日。開店前にきれいに磨き上げるのですが、

日中になると、床が湿気で濡れて、滑りやすくなります。

また、雨の日に来店したお客様の靴で、床が汚れてしまうのです。

 

ある日、開店当初から応援してくれている商店街の役員が来店しました。

その役員も同じようにレストランを経営しています。

 

「この時期は気持ちも体も滅入るけど、雨も必要があって降ってくれているんだよな」

と独り言のようにつぶやいた言葉に、Y氏はハッとしました。

 

(そうか、雨が降るからお米や野菜が育つのだ。トイレが汚れるのも、雨なのにお客様が来てくれるからだ。ありがたい)

 

 

見方が変わって、Y氏の心も晴れやかになったのです。

 

 

以上転記です。

 

 

コーチングでも視点を変える質問をすることが良くあります。

「この問題の良いところは何だろう?」

とか、

「この問題から学べるところは何だろう?」

とか、

「私が○○さんだったらどうするだろう?」

とかの質問をすることで

気付きが生まれたり、新しい発見があったりします。

問題があったときに、問題ばかりに目が行きがちですが

そんな時は視点を変えてみると、

案外、問題だと思ったものが問題では無くなることがあります。

 

 

 

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己