沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

理想の自分を見える化し、実現の方法を明確にするコーチング

目標まで迷いなく進める方法を明確にし、コーチングによってサポートする

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

夫婦は100%、100%

今朝の琉球新報の記事の中で素敵な記事を見つけましたので、

シェアーしたいと思います。

 

ハワイ沖縄連合会会員

SHINKA」副会長1級建築士の

比嘉具志堅 華絵 さんの投稿記事です。

 

f:id:labelmap:20161105120947j:plain

 

「夫婦は100%、100%でなければならない」

高良さんは、私たち夫婦に何度も繰り返した。

 

先日、ハワイ沖縄連合会の家系図研究会に参加した時、

向かいに座っていたウチナーンチュ2世のチック高良さんが話しかけてきた。

 

 

「二人は結婚何年目?」
「2年目です。」

「まだ新婚さんなんだね。」

 

 

87歳の高良さんは、アーティスト。若若しく、ハンサムな方だ。

財布から奥さんの写真を引っ張り出し、見せてくれた。

 

「彼女は再婚した妻。僕と27歳も離れてるんだ。」

その年の差には、私も夫も驚いた。

「最初の妻は、がんで亡くしたんだ」と、私たちに語ってくれた。

 

 

奥さんのがんは全身に転移した。

末期となった奥さんの看病に尽くすある日、

高良さんは、沖縄で開催される展示会に招待された。

 

断ろうと思っていると、

「すべての出来事には理由がある。あなたの帰りを必ず待っているから、行ってきなさい。」

と奥さんに背中を押され、4日間沖縄へ飛んだ。

 

 

「沖縄から帰ってくると、妻はもう昏睡状態で、話もできなかった。

グッと、顔をこわばらせ、痛みに耐えていた妻に、

『何も心配しないで』と声をかけた。

すると、顔が赤らみ、笑みを浮かべ、

今まで見たことも無いほど美しい表情を見せ、そのまま眠ったんだ」

 

 

まるで奥さんの表情を、今見ているかのように、

鮮明に語ってくれた。

 

気がつくと、夫も私も、涙を流していた。

 

そしてこう続けた

 「私は本当に幸せだ。亡くなった妻も、

今の妻も、100%、100%の関係ができている。

多くの人は勘違いしている。

50相手に尽くして、50%の見返りを求めていては、

必ずすれ違いが起こる。

お互いが常に100%、100%、であれば2人は永遠にうまくいく」

 

その言葉は、結婚2年目の私たち夫婦への、人生のメッセージとなった。

 

 

 

以上転載でした。

f:id:labelmap:20161105120611j:plain

 

夫婦関係を見直す素敵なメッセージでは無いでしょうか?