沖縄発!岸本拓己のラベルマップコーチングブログ

60歳で起業したキシタクおじさん(66歳)のチャレンジブログ コーチングで人生を豊かに創造する。

何歳からでもチャレンジできる。自分に自信を持ち、仕事に誇りを持ち、目標を実現するためにがんばる大人、そんなカッコいい大人が世の中に沢山いる世界を創りたい。60歳から起業した「キシタクおじさん」のブログ

コーチング体験者からお喜びの声が届いています

コーチング事例PICK UP

お姑さんとの仲を良くしたコーチング

言葉の意味を明確にしただけで、

その人の悩みが解決することだってあります。

 

前回、そんなことを書きました。

 

実際に僕のところでコーチングを受けに来た

50代女性の事例です。

 

その女性は、

「お姑さんとの仲を良くしたい」

「どうすればお姑さんと仲良くなれるか?」

というテーマでコーチングを受けに来ました。

f:id:labelmap:20220412100040j:plain

「お姑さんと仲良くしたい」

というその女性に

まずは、現状の様子、二人の関係について聞きました。

現状の様子では、特に仲が悪くケンカをしている

状況でもないことが分かりました。

 

そこで、彼女(Hさん)に、

「Hさんが考える仲が良い状態・

こうなったら嬉しい状態とはどんな状態ですか?」

と質問しました。

 

その質問に対して、

Hさんはじっくり自分と対話をするように考えて、

「そうですね。あんまりべったり付き合うのではなく

スープの冷めない距離とでも言うのかな?

お互い必要なときに連絡を取り合う関係がいいかな?」

 

と答えたHさんに

 

「それで言うと、今はどんな関係ですか?」

と質問をすると、

 

「そうか? 今がそんな関係ですね。」

「そうか? 今がいい状態です。今のままで良いですね。」

 

「私は、友達の嫁姑の関係を見てきて、彼女たちは

しょっちゅう一緒に買いものに行ったりしているのを見て、

それが、本来のあるべき姿なのかな? 

自分で勝手にそう思い込んでいたかも?

 

「私は私の理想の状態をすでにやってますね。」

「なんだ、今まで通りが一番いいことに気づきました。

悩んで損した(笑)」

 

 

「仲の良い状態」

というその人の言葉の定義を明確にしただけで

悩みが悩みでなくなりました。